契約で気を付けること

クレイアート 医師とおばあちゃん

生命保険は、大企業がこぞって参入を表明している人気の事業です。
国民皆保険の今の時代、何らかの生命保険に加入しているという人は非常に多くなっています。
数えきれないほど多くのサービスが展開されていますが、賢く利用するためには、様々な面で比較してみることが必要です。
保険は転ばぬ先の杖ではありますが、保険料は家計の面でもなるべく節約したいものです。
年齢に合わせた保険を選ぶことで節約を、柔軟なサービスを選ぶことで先々の問題に対処するための知恵を得ましょう。
近年ではインターネットで保険の相談や申し込みができるようになりました。
インターネットで申し込みできる保険は安価で手軽なものが多いですが、対面して話せない分細かなサービスの穴に気が付くことができなかったり、ワンクリックでできてしまうために解約が難しかったりします。
インターネットを使うことも方法の一つですが、できれば窓口でよく話し合って解決したいものです。

比較してみよう

現在、少子高齢化に伴って、生命保険は終身保険や養老保険が主流と言えます。
終身保険は加入から加入者が死亡するまでを補償する保険です。
月々の払い込み量は常に一定で、解約した際の払い戻しがあることも特徴です。
養老保険は加入から満期までを補償し、満期の際に保険金が受け取れますが、その分保険料は高額になってくるのが特徴です。
保険に加入している年代別の掛け金を比べてみると、30代すぎまではばらつきがあるのに対し、60代になると比較的ミドルクラス級の保険料を利用していることがわかります。
年齢は保険を契約するにあたって重要な要素の一つです。
若ければ若いほど労働が可能であると判断され、保険料は割高になってきます。
インターネットで申し込みができる保険などは主に若年層がターゲットですので、保険料は高めに設定されていますが、その分人件費などが抑えられており窓口で申し込む形のものよりはより安価に保険に加入することができます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク

注目の記事

    頭を押さえる女性

    ライフスタイルの変化に合わせて

    バブル崩壊後、様々な財閥系の生命保険の統廃合に外資系の参入により、様々な種類の保険が発売されています。そんな中...

    Readmore
    喜ぶおじいちゃん

    一人一人に合ったプランを

    生命保険を取り扱っている会社は多数あります。大手の保険会社から中小の保険会社まで様々です。また、日本に古くから...

    Readmore
    めいる男性

    万が一の事態に備えて

    生命保険はとても重要なものである事は間違いありません。その為、ほとんどの家庭では世帯主さんは加入していると言え...

    Readmore